Children Across Borders

外国につながる子どもたちの支援

Children Across Borders(CAB)は、日本国内のリソースだけでは解決しない様々な問題について、子どもの最善の利益を図るために多角的な支援を提供します。外国籍の問題に精通したソーシャルワーカー弁護士などの専門家が連携し在日外国公館外国の関係機関とも協力して、ご相談者の個別のニーズにお応えします。

主な事業内容

無国籍状態にある子どもの国籍取得手続きを支援します。ソーシャルワーカーや弁護士によるアドバイスの提供や、手続きに関する専門的な支援を行います

社会的養護下で暮らす外国籍の子どもは、日本で暮らし続ける以外の選択肢をもつことがあります。外国の親族などをアセスメントし、子どもの療育環境となり得るか調査をすることができます。

外国で暮らしている子どもを日本で養子として受け入れる場合に必要な、家庭調査の実施、必要書類の作成、翻訳、提出まで、養子縁組成立のための支援を行います。

法律・多文化・多言語など分野横断的な視点から、さまざまなテーマでセミナーを実施しています。児童養護・行政・医療・福祉機関など、支援を行っている現場からの要望をもとに、事例紹介や、国内外で実務を行う講師を交えて、企画をしています。

お気軽にお問い合わせください

ソーシャルワーカーが相談に応じます。相談内容、相談者のプライバシーは厳守します。

電話でお問合せ
03-5840-5711 (対応時間:月~金10:00~17:00 / 休み:土日祝・年末年始)
対応言語:日本語・英語

メールでお問合せ24時間 ※返信には時間を要する場合があります
対応言語:日本語、英語、タガログ語、タイ語